パソコンのスキルを短期間で上げる方法

パソコン教室の現役講師です。

パソコンってすぐ覚えられるんですか?

よくお客様から「1か月でパソコンをマスターしたい」けど大丈夫ですか?とか
「3日しかない!」などと言われることがあります。

パソコンを使えるようになるのに
実際にはどのくらいかかるのか?

わかりにくいですよね。

 

内容にもよりますし
どうしても個人差が出るので、一概には答えにくい問題です。

短期間でどうにかお願いします!と、お客様から要望があると
それになるべく応えたいという気持ちがでますので、

結局は(本当はこれだけ必要だけど)

「できるところまでやってみましょうか?」
と、期間や内容を妥協して勉強していただくことが多いです。

 

Word・Excelは今でも必須のスキルです!

必要なスキルはさまざまですが、
一般的には、Word・Excelは必須になると思います。

それも、Wordでいえば文字を打つだけではなく、
画像や表、図形も含まれた文書が作れる。

Excelでは、表を作るだけではなく
よく使われる数式や関数、グラフ、データーベースの活用ができる。

正直、このレベルまで勉強するのに
60時間程度は必要ですから、1日2時間勉強したとして、
30日間は必要です。

しかしこれだけでは「ただ習っただけ」ですので、
どうしてもブラッシュアップが必要になります。

結局は、その3倍の時間は、練習をしたり、実際に文書を作るなどの経験が必要です。
そうしないと、本当に使えるスキルとは言えません。

と、ここまで計算すると3日に1回程度、勉強しても
1年以上はかかる、ということになりますね。

さらにMOSなどの資格や、Power PointやAccessまでとなると
とても短期では無理!ということがわかると思います。

これは今まで何千人もの生徒様を対応してきた経験です。

でも、時間がない!という方。
そんな方に、お勧めのスキルアップの方法があります。

まずはひたすら入力操作!!

それは…

ひたすら家で
タッチタイピングを練習する!
ということです。

 

WordやExcelは後から学んでもいいんです。
手元を見ないで両手でキーボードを打つ技術、これだけをひたすら練習するのです。

WordやExcelを速く勉強したい!といってこられるお客様に

「じゃ、タイピングやりましょう!」というと
「ハァ?」と言われるので
商売上お客様には言いません 笑

が、私も実は、タイピングからパソコンをマスターした派なので
そのメリットはよくわかります。

パソコンの仕事をするようになるとわかるのですが、

実際の仕事では、WordやExcelで一から文書を作るよりも
文字を入力をするほうが圧倒的に多いからです。

入力の正確さ・速さは、ストレートに仕事量に影響してきます。

 

報告書を作るのでも、下を見ながら自己流で入力している人と
タイピングをマスターしている方とでは、相当な時間差が出てくると思います。

また、タイピングをマスターしている人は、下を見ないので疲れがなく楽に打てますし
間違えてもすぐ気づきますので、正確に、すばやく入力することができます。

見積書とか、数字を1桁間違えただけで大問題になりますからね。

それに見た目もかっこいい!

パラパラと素早くキーボードを打っている人のほうが
「パソコンができる人!」に見られます。 笑

キーボードをマスターすること。
経験上これがとても有利になります。

 

でも、いざ練習しようとしても
下を見ないで打つのって難しいですよね。

実は、タイピングソフトを使えば、誰でもできるようになります。
80代のおじいちゃんでも、半年でマスターできています。

練習方法は、
市販のタイピングソフトを買ってきてもいいし
インターネットでも練習できます。

有名なのはEタイピングです。
https://www.e-typing.ne.jp/

無料で練習できますので
気になった方はぜひお試しください。

注意点としては、指使いは意地でも正しいやり方でマスターしてください。

間違えた指使いで練習すると癖になり取るのが大変ですから。

参考になったらお友達にも教えてあげて下さい♪


パソコン教室 無料体験レッスン

体験レッスンカイカのパソコンレッスンは、初心者から中・上級者まで幅広くご提案できるカリキュラムがあります。

無料体験レッスンは随時開催しています。お気軽にご参加ください!スタッフ一同心よりお待ち申し上げます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です